当協会は、茨城の木材(県産材)の良さや価値を知ってもらい
「住宅建築やリフォームに活かして欲しい」という思いで活動しております。

代表あいさつ
こんにちは。ちょっと硬い名前の「茨城県産材普及協議会」のWebサイトへようこそ。

知らず知らず恩恵を受けている茨城の森を健康に持続させていくこと。
大切にはぐくまれてきた木の良さを最大限に引き出して、住まいや街に生かすこと。
これらの目標のもとに集まった育林家、製材所、建築家、大工、住宅会社の会です。

私たちが大好きな木の魅力は、とてもたくさんあります。
私たちが実感している木の魅力。
身近なもの、あまり知られていないもの、
役に立つもの、へぇ~と思うもの、
あまり主張はしないけど、身近に寄り添ってくれているその魅力を
発信していきたいと思っています。
中村公子

中村公子

主な活動実績

平成20年度 地域木造住宅市場活性化推進事業
「ショウルーム併設型木材備蓄倉庫の整備」
  • ・応募先 国土交通省 住宅局 受託生産課
  • ・県北部の良質な木材を、消費地である南部・北部へ普及させるため、木材流通施設として短期的備蓄にも活用できる倉庫を設けた。エンドユーザーと産地をつなぐショウルームも併設。
平成21年度 森林整備加速化・林業再生基金事業
「地域材を利用した商品の市場環境と市場競争力の調査及び検討」
  • ・応募先 茨城県県西農林事務所
  • ・地域工務店の地域材の利用状況、既存木造住宅のメンテナンス状況、消費者動向調査、木造住宅をめぐる行政施策等の調査を行い、次年度に行う住宅商品の開発方針を定めた。
平成22年度 森林整備加速化・林業再生基金事業
「地域材利用拡大に向けた商品開発」
  • ・応募先 茨城県県西農林事務所
  • ・地域の生活に合った木造住宅に着目し、「地域材の利用」・「長期優良住宅への対応」・「地域に合った室内温熱環境の整備の方策」の3点を重視した住宅の開発を行った。
平成23年度 森林整備加速化・林業再生基金事業
「地域材を利用した商品のマニュアル整備と普及」
  • ・応募先 茨城県県西農林事務所
  • ・平成22年度に開発した住宅を活用する際、加盟工務店が一定の品質を保てるよう、デザインや構造設計手法、施工のマニュアル整備を行った。
  • ・消費者向けパンフレットを作成し普及を図った。
県産材流通ルートの整備
  • 平成20年度より、里見製材組合、那珂北部製材業協同組合と連携し、茨城県森林組合の協力も得て、備蓄倉庫の運営をし、県産スギとヒノキの安定供給に努めている。
平成24年度 育林と販売手法を学ぶ研修会の実施
  • ○「吉野の森に学ぶ、見学と懇話会」
  • 茨城県産材普及協議会主催で、社)茨城県林業協会、茨城県木材組合連合会 茨城県農林水産部林政課森づくり推進室と連携し、吉野の先進事例の見学と講習会を行った。
  • ・清光林業㈱の協力による多間伐林業と作業道の講習
  • ・吉野材によるマンションリノベーション事例見学会
  • ・吉野材の流通と販売戦略の勉強会
  • 協力:
  • 清光林業株式会社、奈良県銘木協同組合 銘木総合市場、吉野木材協同組合連合会、吉野材センター 、川上村林業資料館(山幸彦のもくもく館)

  • 名称茨城県産材普及促進協議会
  • 代表者中村公子
  • 連絡先0297-35-6030
  • 住所〒306-0631 茨城県坂東市岩井4910